転職サイトと転職エージェントの違いなどを解説

転職サイトと転職エージェントの違い
近年ではインターネットを利用した転職支援サービスが充実しており、自宅に居ながら無理なく求人情報を収集したり転職活動ができるようになりました。

ネット経由で申し込みができる転職支援サービスでは大きく分けると転職サイトと転職エージェントとの2種類があり、大手転職サイトの運営で有名なマイナビでも「マイナビ転職」というサービスと「マイナビエージェント」というサービスをそれぞれ展開しています。

転職サイトと転職エージェントには具体的にどのような違いがあるのかや具体的にどのような人に「マイナビ転職」が向いていてどのような人に「マイナビエージェント」が向いているのかなどを解説していきます。

転職サイトの特徴

転職サイトの大きな特徴は利用者が自主的に求人情報を探したり、企業へ応募できる点に特徴があります。

転職サイトでは企業がサイトに対してお金を支払い求人情報を掲載しており、利用者は掲載されている求人情報から好きな企業に応募ができます。

基本的には登録者と企業の担当者が直接個々にやり取りを行う形となるので、ある程度転職したい業種や条件などが定まっている人に向いているサービスです。

なお「マイナビ転職」では職務経歴書の書き方などの転職のノウハウ情報が掲載されていたり、転職セミナーなどを定期的に開催しているので初めて転職をする人でも安心して利用できるメリットがあります。

転職エージェントの特徴

転職エージェントはその名称からも分かるように登録をすると専任のアドバイザーが付き転職を徹底的にサポートしてくれます。

転職サイトが基本的に自分の力で転職を行うのに対して転職エージェントはアドバイザーと二人三脚で転職成功を目指すという点に大きな特徴があります。

転職エージェントでは利用者とアドバイザーが面談を行い希望などをアドバイザーに伝えた上でアドバイザー利用者に向いていると考えた企業を紹介し、アドバイザーの助言に従って転職活動を進めていくこととなります。

企業とのやり取りや面接の日時の調整などは基本的にアドバイザーが行うこととなるので、転職成功を強く望む場合や自分に向いている職業や業種が分からず、アドバイスが欲しい場合などに転職エージェントを利用すると良いでしょう。

なお「マイナビエージェント」は専門領域に特化したアドバイザーが多数在籍していますし、大手企業からベンチャー企業まで多数の求人情報の取り扱いがあるので、自分に本当に合った企業を見つけやすいメリットがあります。

転職サイトにも転職エージェントにもそれぞれ違ったメリットがあります。両社の違いを理解しつつ、場合によっては両方のサービスを併用することでよりより転職を実現することができるでしょう。